MENU

しっかりと相談をしてから選ぼう

どんな相談事もそうですが、個人再生を依頼する際にはいきなり依頼をしてはいけません。まずは相談をしてみて、それで正式に依頼をするかどうか決めるのがいいでしょう。

 

早い段階で専門家自らが相談に乗ってくれるか

大きな事務所になりますと、複数の専門家が在籍しており、最初の相談は専門家が受けるのではなく事務員などが受けるところもあります。

 

事務員が最初に相談を受けることで、個人再生を得意としている専門家に依頼を振り分ける役割もありますので、これ自体は決して悪くはありません。ただし、正式な依頼をするまで専門家が一度も顔を出さず、終始事務員が相談に乗っているような事務所ではいけません。

 

せめて2回目以降の相談からは、専門家自らが相談に乗ってくれる事務所を選びましょう。

 

直接会ってみる

個人再生の相談をする際、遠方でどうしても頻繁に来られないのであれば、最初のうちは電話やメールでも仕方ありませんが、正式な依頼までに一度は専門家を顔を合わせなければなりません。

 

実際に面と向かってみると、電話やメールでは見えなかった専門家との相性が見えてきます。それで相性が良くなさそうであれば、相談だけで終わりにしても構いません。

 

最近では、無料相談を実施している事務所もありますので、個人再生を検討している方は一度利用してみてください。

 

これらは個人再生に限ったことではなく、債務整理や借金相談全般に言えることです。正規業者からの借金ではない闇金の借金であっても、やはり無料相談から始めるべきなのです。