MENU

個人再生の返済期限は延長できる

個人再生は、債務者と債権者の間に裁判所が入り、返済期限を設定することで債務の大幅な減額を実現できる、債務整理方法です。

 

返済期限内に返済ができないと、強制執行などの可能性があるためぜひとも期限内に返済したいものですが、特別な事情によって返済が困難になった場合、延長はしてもらえるのでしょうか。

 

 

裁判所の許可があれば延長可能

通常、個人再生の返済期限は最長3年間に設定されており、その期限内に返済計画に基づいて返済していかなければなりません。

 

しかし、特別な事情があれば裁判所の許可をもらった上、で追加で最長2年間の返済期間の延長が認められます。

 

「特別な事情」とは

ではその「特別な事情」、一体どのような事情であれば許してくれるのでしょうか。

 

前提としては、なぜ返済が困難になったかの理由を明確にしなければなりません。その上で、「雇用形態が変わって減給になった」や「家族が急病になり医療費がかさんだ」といった納得できる事情でなければなりません。

 

いくら理由が明確だからと言っても、「競馬やパチンコなどのギャンブルに使ってしまった」や「キャバクラ通いしてしまった」、「友達との付き合いで交際費が増えた」というような理由では、とても借金を返済する意思が感じ取れませんので、裁判所も返済期間の延長はまず認めてくれません。

 

よほどの理由でなければ裁判所も認めてくれる

さすがにギャンブルや浪費などの理由でない限り、裁判所も返済期間の延長を認めてくれるでしょう。減給や医療費増加以外にも、ごくごく真っ当な理由(教育費の増加、保険料の値上がりなど)であれば認めてくれます。

 

そもそも個人再生は、債務者が自力で再生するための最終的な債務整理手段です。個人再生でもだめならば、自力再生を断念して自己破産に進む以外に道はありません。

 

極力債務者に自力で経済的に自立をしてもらうためにも、個人再生に関しては裁判所もかなり寛容な姿勢をとってくれます。

 

不安な方は個人再生の手続きを始める前の相談時に、よく確認をしておくと良いです。無料相談ができる債務整理の借金問題解決の相談先なら、しっかりと納得するまで話が聞けます。

 

延長によるマイナス面

裁判所によって個人再生の返済期限が延長されても、もろ手を挙げて喜ぶわけにはいきません。確かに当座の返済が猶予され楽になるのは大きなメリットですが、それにはマイナス面もあります。

 

返済期間が延長となると、返済に対する意欲が低下する傾向にあります。特に、個人再生をする人にはその傾向があります。

 

債務整理の経験がある人ならばわかりますが、個人再生中はかなり精神的な負担が大きいです。その期間が延長されるということは、その分精神的負担も延長されるのです。

 

元々が返済ができないほどまでに借りてしまっている方が個人再生を行うので、返済に対する意欲や意識はどうしても薄くなります。心を入れ替えて返済を進めないと強制執行などになってしまうので、十分に注意をしてください。

2016/02/01 18:05:01 |
個人再生を検討している人は、無料の相談を実施している専門家の事務所に行くと、相談料を支払う必要がなくて済みます。しかし中には「果たしてこれで大丈夫なのか?」と首をかしげたくなるような専門家がいるのも事実です。説明に根拠がないまず、説明に根拠がない専門家は疑問符がつきます。具体的には、債務者が相談をしても「細かいことは考えなくても大丈夫」とか「何の問題もありません」というようなことです。債務者からすると一見頼もしい言葉ですが、冷静に考えてみるとちょっと怖いです。手術の際にも、メリットだけではなくリスクもちゃんと説明してくれますし、携帯電話の契約でも違約金などマイナス面の説明もしっかりしてくれます...
2016/02/01 18:05:01 |
どんな相談事もそうですが、個人再生を依頼する際にはいきなり依頼をしてはいけません。まずは相談をしてみて、それで正式に依頼をするかどうか決めるのがいいでしょう。早い段階で専門家自らが相談に乗ってくれるか大きな事務所になりますと、複数の専門家が在籍しており、最初の相談は専門家が受けるのではなく事務員などが受けるところもあります。事務員が最初に相談を受けることで、個人再生を得意としている専門家に依頼を振り分ける役割もありますので、これ自体は決して悪くはありません。ただし、正式な依頼をするまで専門家が一度も顔を出さず、終始事務員が相談に乗っているような事務所ではいけません。せめて2回目以降の相談からは...
2016/02/01 18:05:01 |
個人再生は自分で行うよりも、専門家に依頼するのがおススメです。というのも、専門家ならば迅速かつ確実に個人再生の申し立て手続きをしてくれますし、その間債務者は仕事などの日常生活を変わらず送り続けられるからです。検索すると多くの専門家ヒットするインターネットなどで「個人再生」「債務整理」などと打ち込んで検索してみると、数多くの弁護士や司法書士の事務所のホームページがヒットします。どうせ個人再生を依頼するならばよい専門家に依頼したいもの。良い専門家と悪い専門家を見分けるポイント、一体どこにあるのでしょうか。個人再生に特に強い専門家を選ぶべき特に弁護士は、債務整理以外にも刑事事件や民事事件、特許関連な...